ひみつ基地Jya-Jyaのものがたり

【ひみつ基地 Jya-Jyaジャジャ】とわたしの日々のあゆみを綴ります。

小5娘に「親ってどんな気持ち?」と聞かれて

\かつて子どもだった大人たちへ/

 

こんにちは

ひみつ基地Jya-Jyaの大瀬 優子です。

 

鹿児島県曽於市財部町に

家族みんなのひみつ基地Jya-Jyaをつくっています。

 

どうしてわたしが家族と一緒にひみつ基地をつくり始めたのか

キニナル方はコチラから↓

はじめまして、公務員を辞めました  

 

* * * 

 

お久しぶりの投稿になってしまいました。

 

さて、小5の娘が

「親ってどんな気持ち?」って聞いてきました。

 

状況は、2歳末っ子男子が

ギャーギャーとひっくり返っていて・・・笑

 

わたしの答えは

「うーん。まぁ・・・楽しいよ。」(苦笑いしつつ)

と ひとこと 笑

 

断言するけれど、

以前のわたしはこの状況では言えなかった一言だと思う。

だって、以前のわたしはその状況が心の底から楽しく無かったから。

「なんで泣くの!?どうしろっていうの!?うるさい!」

と思ってました・・・汗

 

ただ、今は、

心から「たのしー!」と浮かれて言えるまでではないけれど、

心にも無いことを言っているわけでも無い感じで「楽しい」と言えた。

 

最近、2歳末っ子男子 イヤイヤ真っ盛りで。

思い通りにならないときの

「い゛ーや゛ーた゛ー!!!!!!!」が凄すぎで、

(結構なこだわりの持ち主で、ゴネ出すと毎回30分はひっくり返っている・・・笑

 昨日も汗びっしょりになって訴えていたし・・・

 は!今も(午前4時)、夢の中を彷徨っていて

 「自分でするー」「あっちいってー」と寝言で喚いています・・・笑

 (夫 対応中)

 毎日全力で生きてるんだなと微笑ましいです!)

 

まぁ大変ではあるけれど、それでも子育てって楽しいなと今思っています。

 

* * *

 

今、今までのわたしを振り返ると、

2020年までは

生きるのが辛くなるのが当たり前の思考をしていたんだなと思います。

2021年に入ってからも過渡期で、

このブログは2021年に入ってから書き始めたのだけど、

読み返すのが恥ずかしいくらい・・・

 

だけど、今は、

そう考えていた時期すらわたしには必要な期間だったのかもと思っています。

37年間。長すぎるけれども・・・

 

今までの生き方に限界を感じて、

どん底に落ち込んでいた2020年春夏。

2020年年末までになんとか這い上がり、

2021年1月から「なにかしなきゃ!」と

信頼できる指導してくれる方についてもらって

自分を見つめ、自分の過去を見つめ、自分の思考と闘い、

今後自分が生きたい生き方に添う事業を考えて、

その仕組みを整理して、、、、

と2021年夏まで突っ走りました。

 

ただ、その時点ですっごく息切れしていたのも事実。

 

そこまでで考えたことはとても重要なことだったし、

今後に活かせることばっかりで、

確かにその時点で見出せる自分らしく生きる道だったと思うのだけど、

 

でも、まだどこか「自分」では無い要素があるような気がして

ちょっとした違和感を感じた部分がありました。

 

信頼している方の指導だったので、

その考えや内容はとっても濃く、ずば抜けていて、

それを直に聞くことができたのはすごく貴重な時間だったのだけど、

わたしの特性だと思うのだけど(察しがいいところ)、

その考えを受け取りすぎてしまうところがあって、

信頼している方に無意識に寄せてしまっていたところが

あったんじゃないかと推察しています。

そして、信頼している方のいる地点と自分の地点も混同していました。

わたしのいる場所からはまだ理解できないこと、納得できないことも

たくさんあったのに、背伸びして理解しようとしていたかも・・・

 

自分らしく・・・と心がけていたつもりだったけど、

それでもやっぱりまだ「何か」になろうとしていた気がします。

自分の理想とする「何か」

目標になる「何か」

そこに自分では無い「誰か」を当てはめて、

あんなふうにはなれない、できないと

思考の奥底で自分を否定していたんじゃ無いかなと。

 

「今のわたし」に良いも悪いもなくて、

「今のわたし」から始めるしか無いのだとやっと今納得してます。

もう自分探しは辞めて、自分が心地よく過ごしていくしか無いんだなと。

 

夏から秋へ季節が移った

この2ヶ月ほどはそんなことを考えながら

自分が気持ちいい毎日を過ごしていました。

今はわたしが、わたしでは無い「何か」ではなく、

ありのままの自分らしくできるよう、

2021年に入って、突っ走りながら組み立てたものを

もう一度自分の中で噛み砕いて、自分のペースで

整理し直しています。

(突っ走った間に得たものがたくさんあったからこそ、

 今この作業ができています!)

 

お待たせしているみなさんもいるだろうと思うけれど、

やっぱり、わたしが納得していないと先には進めない。

もう少し時間をくださいm(_ _)m

 

* * *

 

2020年以前のわたしは

子どもが水をこぼしただけでイライラしてました。

もう!どうして!?って。

時間通り進まないから、

子どもの着替えにも手を出しまくっていました。

トラブルや失敗が何事も起きないように生きてました。

(まぁそれでもトラブルも失敗もあるのです。

 その度に怒って、落ち込んで生きてました。)

子ども自身のことも無意識にうまくいくように仕立てていたと思います。

(グズらないように、怪我しないように、楽しめるように、とか)

子育ても仕事も生活も

自分の理想通りになるようにするにはどうしたらいいかと考えていました。

理想通りにならない問題点をクリアするために、

人の改善策を参考にして改善策を選んでいました。

 

今考えると、

それじゃ、人生が楽しくなくて当たり前だなと思う。

正直、そんな考え方で37年も生きてたなんて・・・

恥ずかしすぎて、このブログも抹消したいーーー!!!!!笑

だけども、このことですら、

誰かの役に立てるかもしれないから、

このまま晒します・・・笑 ハハハ

 

ただ、今のわたしは、

思い通りにならない子どもの失敗も

この子の成長の糧になると思っています。

2歳末っ子と4歳次女の毎日絶え間ない

ギャーギャー喧嘩もこの2人が今ここにいるこそだなと受け止められてます。

(イライラすることももちろんあるけど、根底の思考が全く違う自覚あります)

 

 

それは、

たとえ親がどうだったであれ、

周りがどうであれ、

子がどうあれ、

環境がどうあれ、

楽しく生きる のも 苦しく生きる のも

進路 も 仕事 も 子育て も

自分が生きる道は自分で選ぶことができた道だったのだなと

今、思います。

苦しい1年強、いろんなステップ、段階を経て、

やっとここまで来たなって感じ。

 

* * *

 

そうして今、わたしが思うのが、

親って楽しいってこと。

わたしは子どもたちのおかげで大きく成長できています。

毎日、思い通りにならないことばかりだけど、

乗り越えた分だけ成長できるから。

今そう思えていてしあわせです。

 

* * *

 

子育てにしても、人生にしても同じこと。

 

言葉にすると、シンプルだけど、

わたしの中でこのことが

お腹の底から納得できている、腑に落ちるまでが長かった・・・。

まだまだ過渡期かもしれないけど。

2ヶ月前は光は見えてたけど

まだトンネルの中にいたのかもしれない。

でも今は長いトンネルは抜けた気がしています。

 

お待たせしているみなさんには心苦しいですが、

もう少し時間をいただいて、

また少しずつ前に進みたいと思います!

 

ワクワク楽しい人生を過ごしましょー!