ひみつ基地Jya-Jyaのものがたり

【ひみつ基地 Jya-Jyaジャジャ】とわたしの日々のあゆみを綴ります。

子どもたちへ贈る時間

\かつて子どもだった大人たちへ/

 

こんにちは

ひみつ基地Jya-Jyaの大瀬 優子です。

 

鹿児島県曽於市財部町に

家族みんなのひみつ基地Jya-Jyaをつくっています。

 

どうしてわたしが家族と一緒にひみつ基地をつくり始めたのか

キニナル方はコチラから↓

はじめまして、公務員を辞めました  

 

* * *

 

日曜日。

 

以前は、休みの度に

どこに連れて行ってやろうか、何をしてやろうかと考えを巡らせていた。

 

広報やイベントチラシ、イベントページを隈なくチェックして、

自分が余裕なくなるくらい予定を詰め込んでみたり、

用事も無いのにとりあえずショッピングセンターへ連れて行ったり。

 

コロナで色々なことが急にストップしてしまったとき、

正直わたしはホッとした。

あれもやらなきゃ、これもやらなきゃと追い立てられる中で、

周りの時間が止まってくれたら・・・

とそう思うことが度々あったから。

 

* * *

 

つい先週のこと。

 

お昼寝から目を覚ました下の子2人と長女や近所の子を連れて、

300m程先の小さな公園へ向かった。

 

ブランコと滑り台、鉄棒があるその公園は我が家の御用達。

 

すぐ近くのその公園へもう何度通ったかわからない。

でも、毎回違う楽しみを見つけながら、

多少飽きてよその公園に浮気をして でもすぐ戻ってきたりしながら、

この公園で遊ぶことを楽しんでいる。

 

出発して30m。

夫が笹を見つけて笹ぶねをつくる。

聞けばみんな作り方を知らない。

小学5年生の我が子も知らなかった。

わたしたちは夫婦とも田舎育ち。

そういうことは自然と体験するってどこかで思っていた。

でも、実際は子どもが体験していないことだらけで、

わたしは今まで長女に何を贈ってこれただろうかと思ってしまう。

 

田植えが始まるこの梅雨時期、今まで空っぽだった用水路に水が流れ出す。

笹ぶねを流そうと家の横の用水路に逆戻り。

自分で作った舟が流れる様子にみんなにっこり。

 

f:id:yuuuuu159:20210616052947j:plain

f:id:yuuuuu159:20210616052953j:plain

 

すると、ご近所さんちの枇杷の木に吸い寄せられる笑

 

この間、ご近所さんに声をかけたら、

好きなときに採って食べていいのよって言ってもらった。

それからは、遠慮なく頂いている。

枇杷はハズレなく、甘くて美味しい!

おやつに困らずでありがたい。

 

f:id:yuuuuu159:20210616052957j:plain

 

さて、公園へ行こう!・・・とその道中。

夫が草を摘んで、葉鉄砲にしてみたり、草笛を吹いたり。

子どもたちは興味津々!

見様見真似でやってみるけど、音がでない。

少しのコツを聞いてみて、工夫してる。

 

f:id:yuuuuu159:20210616053001j:plain

f:id:yuuuuu159:20210616054612p:plain

 

田んぼに張られた水が陽に照らされてキラキラして綺麗で、

風は気持ちよく吹き抜けて、

のんびり豊かな時間が流れる。

気持ちいー!

 

* * *

 

さて、公園は見えるがなかなか辿りつかない笑

 

田植え前の田を掻いた土が道路に落ちていて、

それを集めて泥団子づくりが始まった。

泥団子にはやっぱり田んぼの土がいいっ!

子どもたち夢中。

 

f:id:yuuuuu159:20210616054623j:plain

f:id:yuuuuu159:20210616053019j:plain

f:id:yuuuuu159:20210616053025j:plain

f:id:yuuuuu159:20210616053040j:plain

 

公園の横の用水路に座り込んでしまい、

ほとんど公園では遊ばずじまい。

 

f:id:yuuuuu159:20210616053058j:plain

f:id:yuuuuu159:20210616053251j:plain

 

公園で赤くなりつつあるヤマモモを採っていると

あっという間に日が暮れ始めたので、

桑の実(マルベリー)を食べてから帰ることに。

(食べてばっかり笑)

実は小さいけど、でっかい桑の木があって。

手が届かないけど、熟れたて落ちたての桑の実を拾い集める。

通学路にあるのに、

誰も手をつけずにいつも踏みつけられている。

美味しいのに、本当にもったいないなぁっていつも思ってます。

 

f:id:yuuuuu159:20210616053258j:plain

 

そうしているとおじちゃんに声をかけられる。

チビたちを心配して、

「蚊に喰われるぞー」って。

そしたら、急に植えている紫陽花をちぎって次女にくれた。

いつも無愛想で、正直ちょっと怖いなぁと構えていたおじちゃん。

こんな優しい人だったんだ。

 

f:id:yuuuuu159:20210616053347j:plain

f:id:yuuuuu159:20210616053305j:plain

 

子どもたちは、

自然やたくさんの人の気持ちに囲まれて、

豊かな時間を過ごしています。