ひみつ基地Jya-Jyaのものがたり

【ひみつ基地 Jya-Jyaジャジャ】とわたしの日々のあゆみを綴ります。

優等生のユウコチャン

小学校5年生のとき、初めて、順位が出るテストがありました。

 

40人のクラスで4位!

 

それまで、学校のテストは何にもしなくても、

みんな90点くらいとれるものだと思っていました。

 

意外といい成績に、我ながらすごいじゃんと思いました。

でも一回きりだったので、たまたまかもとか思っていました。

 

* * *

 

それからしばらくして中学生になりました。

 

中学初めての定期テスト。

 

そこそこ勉強して

学年160人中13位でした!

 

おーあれくらいの勉強で13位とれるならまぁそこそこだな!

褒めてもらえるぞーとうきうきして家に帰ったのに・・・

父は一言。

「もっと上を目指せ」

そう言いました。

上を目指せと言われたことではなくて、

今のわたしを認めてくれなかったのが、無性に悔しくて、悲しくて。

 

* * *

 

小学校の間、あんなにならいごとをさせていたのに、

母は、わたしを塾通いはさせませんでした。

それはすごく嬉しかったです。

 

学校の授業を聞いていれば、テストに出るところは大体わかるのに、

どうしてわざわざ、お金を払って、時間を割いて、

塾に通うのか?

わたしには全く理解できませんでした。

 

テストに出そうなところは大体わかる。

ただ、もっと上を目指さなければいけないのなら、

漏れも抜けもないように、隈なく勉強するしかありませんでした。

 

自分のためでなく、父の一言のために、

理想のために、無理して頑張って、、、。

そんな風に過ごしているうちに、

あっという間にわたしは学年5位以内が定番になっていました。

 

授業を聞いて理解するのは得意でした。

自分で理屈をまとめてノートをまとめるのも好きでした。

ただ、宿題やテスト勉強はあんまり好きではなかったです。

それなのに、気付けば成績優秀!

 

なりたかったわけではないのに、いつの間にか

優等生のユウコチャンになっていました。